Entries

GULL☆2017年の注目商品

3月に入り、各社より新商品のデリバリーが始まりました  

GULLの注目商品は、やはりまずこちら

数量限定バラクーダ  
今期のNEWカラーはローズピンク
フィンの王様のバラクーダで、小さな子供が好みそうなかわいいピンク。
アンバランスさがかっこいい是非女性プロダイバーの方に履いて
颯爽とフィンワークをしていただきたいと思う1本です♪
 
17022801.jpg

それから 数量限定ミュー
塗装を施されており、メタリックに光り輝いてます  
 
17022802.jpg

長い目で見たら硬化が気になるところですが、フィンは買い替えるものですし
気に入ったら買いじゃないでしょうか。目立つこと間違いなし!

それからグローブもこのように、柄が主張されています。

17022804.jpg

今年のハワイアンテイストの流行が反映されているCocoloaシリーズ。
がらりと変わりましたね。幅広い年齢層に指示されるのではないでしょうか 
 
17022805.jpg

あと、目に付いたのは、軽量化が施された大容量のキャリーバッグ 
TREKKER CARRY BAG

17022803.jpg

ダイバーが世界を旅する際、もっとも気になるのが重量制限。
こちらは本体重量が4.9kgなのですが、全容量が112リットルと充実。 
下部に器材を入れて、上部に着替えを入れて
上部側がセパレートではずして持ち運べるので便利に使えそう 
 
お問合せ・ご注文、お待ちいたしております 

      
       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net
 




DIVE BIZ SHOW2017福岡レポート☆PART2

ダイビングビジネス従事者を対象とした“DIVE BIZ SHOW2017”福岡
のレポート第二弾です

TUSAのブースより

一番の注目商品は
フィン「ハイフレックス・スイッチ」
BIZF-T00.jpg

このフィンはすごいですよー 

こんな風に2分割できるんです
BIZF-T01.jpg
 
ヘクスレンチでネジを廻すだけのシンプル構造なので、セルフでできます。  
BIZF-T02.jpg

何の為に2分割するのかというと
○旅行時に、コンパクトにしてパッキングしやすくする為

それから何より画期的なポイントとしては…

○別売りのフィンポケットを変えば、ドライスーツでも履けてしまうんです
つまり、オールシーズン使えるということ
ウェットシーズン・ドライシーズン・リゾート、1本で対応できるカスタマイズフィン
新しいコンセプトですね

まだ身近な人としか話してはいませんが、私たちプロは何本もフィンを持ち
使い分けることが普通のことだと思っていますが、潜る頻度の少ないダイバーに
とっては、買い足し複数フィンを持つことを負担に思っていたからこれはいい!
という声が上がっています。
そういったことも含め、ベース買いで¥24,000(税別)という価格も納得できます。
 
それから「バンジーストラップ」も注目ポイント

BIZF-T03.jpg

従来のスプリングタイプのストラップはとても便利ではありますが
自分で調整できない(お店で調整してもらってそのまま使う)のに対し
これは自分で調整できるのが特長です。

BIZF-T04.jpg

パキンと折り曲げて、引っ張って取り出すのですが、折り曲げるのは容易でしたが
引っ張るのが結構な力を要するので、女性は自分でできなければ
男性にお願いするといいと思います

フィンは実際に履いて水中でフィンワークをしてみなければ判断しにくいものであり
見た目からの感想にはなりますが、ブレード部に20°の傾斜を設けられていることや

BIZF-T05.jpg

このようにフットポケットにあけられているベントホールにより

BIZF-T06.jpg

フィンキック力を後押ししてくれるフィンの構造が体力消耗を抑えて
よりスムーズなフィンワークができるようなイメージが予想されます。

ショップスタッフ限定で、オレンジ×ホワイトカラーバージョンも用意されています。
海辺や水中で目立つカラーリング、いい感じ
でもポケットとバンジーストラップがブラックなんです
白のブレードには白のポケットがいい、できたらバンジーストラップも
とリクエストお伝えしました。  

BIZF-T07.jpg

それからBCより、一色展開・微イメージ変更がなされた「ソブリン」

BIZF-T08.jpg

ショルダーや背当てパッドに3Dメッシュ素材を使うことで
できる限り本体浮力をゼロに近付けられています。

BCJ-1800なんかも水はけがよく、
特に昇りにくいハシゴのボートエキキジットや足場が悪く水辺まで距離のある
ビーチエントリーエキジットの際、少しでも身軽でらくだとありがたいですよね。
ウエイトを約1㎏減らせることができるのはうれしい。

BIZF-T09.jpg

それから、Bluetooth Smartでスマホにログデータが転送可能な
ソーラー充電式ダイブコンピューター「DC Solar LINK」から
2017年夏限定モデルが出ます!
実物はまだできておらずお目にかかれませんでしたが、
発色性のよさそうなオレンジかわいいだろうな、と想像されます
 
BIZF-T10.jpg

スノーケルのNEWカラー「ID」や「OG」はこんな感じ 

BIZF-T11.jpg

また、今期のメッシュバッグのデザインはカラー問わず統一され
こんな風にシンプルになっていますよ

BIZF-T12.jpg
 
その他、軽器材、スーツ、ライト、ハウジング
ダイビングを安全快適にするお役立ちグッズ
まだまだご紹介したい商品がありますお楽しみに
 

ダイブコンピューター「DC Solar Link」 
先着5台、特別価格にてご提供いたします
詳しくは E-mail: info@i-buddy.net までお問い合わせください
    
       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net
 




DIVE BIZ SHOW2017福岡レポート☆PART1

先週末(2/10)、ダイビングビジネス従事者を対象とした
“DIVE BIZ SHOW”福岡に行ってきました

今年はまったく変更がなかったり、仕様やデザインを少し
変更したものが多く、目新しいものは少なかったのですが
実物を見て試着してみた質感や感想をレポートします

まずはAQUALUNG&APEKSのブースより

一番の注目商品はやっぱりソーラー充電式DC
「カルム」の2017年限定カラー“イエロー”
BIZF0.jpg
   
鮮やかな発色性のよいイエローで、元気溢れる常夏がイメージされ
早く海に行きたい気持ちに駆られます!

APEKS 「MTX-Rレギュレーター」
BIZF1.jpg
 
デザイン、性能共に特長あるおもしろいモデルだと思います。
上部にスイベルがついており、一見ピストンタイプの
レギュレーターのような装いをしていますが
下部のキャップ側にダイアフラム(水圧を感知するゴムのシート)
が入っています。

ATOMIC、S-PRO、SASなどピストンタイプの1stステージには
スイベルがついているものが多数ありますが
ダイアフラムタイプの1stステージで
スイベルがついているのは珍しいですよね。
XTX-50と同様に、APEKSならではといえるのではないでしょうか

また、レギュレーターのホースの1st接続側と2nd接続側の両方も
可動するスイベルタイプであることも、ホースがよれにくい
(テンションがかかりにくい/傷みにくい)という利点を
備えているといえます

AQUALUNGのレギュレーター&オクトパス
BIZF2.jpg

左:「タイタンクラッシックレギュレーター」
真ん中:「オクトパスクラッシック」
右:「カリプソクラッシックレギュレーター」

What’s NEW?
2ndステージのフェイスが、アクアラングのロゴを大きく
表現したデザインに変わっています。
BIZF3.jpg

女性モデルBCD
BIZF4.jpg

左:「ソール」 右:「パール」
ソールは、i3仕様に加えてパワーラインインフレーター仕様が
追加ラインナップされました。
パールは、スポーツブラデザインハーネスから
他モデルと同様のストラップに変更となっています。

プレシスシリーズのコンパスに新しい2タイプが登場。

「プレシスバンジータイプコンパス」
BIZF7.jpg
ゴム仕様なので厚手のグローブでも容易に装着できます。
BIZF8.jpg

「プレシスホースマウントタイプコンパス」
BIZF5.jpg

シングルゲージのホースに取り付けすることができるのですが
裏面(取付部)はこのようなネジ式になっています。
BIZF6.jpg

「リヴィール」
ユニバーサルアドバンスドシリコンスカートが採用された
NEWマスク。一眼タイプの装着イメージはこのような感じ。
BIZF9.jpg

薄くつくられているのは、シール性を高める為だと思いますが
顔に吸い付くようなフィット感が特長  
デリバリーは来月から

DCカルム期間限定キャンペーン実施中

次回PART2はTUSAのブースよりレポートしますお楽しみに

  
       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net
 




2017年SAS☆画期的なフィンに注目!!

今期のSASのカタログ
 
SAS2017カタログ

”RESORT&DIVE STYLE BOOK”とあるように、ページをめくると
雑誌のような素敵なイメージ画像から始まっています 
アパレルから器材まで、トータルコーディネートをコンセプト
にされている感を受けます。
   
SAS2017カタログ

注目すべきは 「スウィーレントFX」
フルフット&ストラップの特長が合体した、画期的なフィンの登場 
 
スウィーレントFX

しなやかで効率の良い振るフットフィンの利点を最大限生かしつつ
ストラップタイプと同じ簡単な脱着を実現した、新しい発想によって
生まれたハイブリッドフィンは、世界主要国に特許申請済み  

ありそうでなかったですもんね!デリバリー、ユーズ、レビュー楽しみ 
      
それからスーツより、NEWデザイン

SASウェットスーツ S-178
 
SASドライスーツ D-547
 
       
いずれもハイウエストで脚が長く見えそうですね

今夏もお気に入りアイテムを身に付け、おしゃれに海を楽しみましょう     
 

  
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net
 




上方水中映像祭りへ行こう☆

2月18日、大阪海遊館ホールにて
上方水中映像祭りが開催されます 
 
”関西における水中映像に関するイベントは、東京に比べ非常に乏しく
特にアマチュアに関しては、その発表の機会がほとんどない為
有志一同でイベントを企画し、水中世界の素晴らしさ、美しさを
映像及び写真で伝えることにより海への関心、興味を深めてもらいたい”

という素晴らしい趣旨のもと、有志の方々で開催されてきたイベントが
10年目を迎え、今回がラストとなります。
是非、足を運んで素晴らしい映像の数々をご覧ください
  
昨年のイベントレポート 
  
アイバディも協賛し、当日開場にてみなさまへの配布物のなかに
チラシを入れさせていただいております 
   
IMG_0657bbb.jpg
  
オーバーホールの工程、専門店ならではのこだわりを掲載して
おりますので、当日是非お手にとっていただきご覧くださいませ。
オーバーホール割引クーポンが付いています!

IMG_0655bb.jpg
二次会パーティーの景品に、オーバーホール券も。
当選されたら是非ご利用くださいね!
 
心よりお待ちいたしております   

<Event Information>
「上方水中映像祭りFINAL スライドとムービーで見る水中世界」

170130.jpg 

2017年2月18日(土)
大阪海遊館ホール
1部 11:00開場⇒開演11:30~14:05
2部 14:15開場⇒開演14:45~17:20
※1部と2部の内容は同じです。
全席自由席 / 入場無料
主催:上方水中映像幹事団
 
       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net