Entries

一度は経験されたことがあるのでは?〇〇を見ていて呼吸が苦しくなる原因とは?

「水中で上を向くと、やや呼吸しにくいように感じます。」
「上を向いたときに呼吸抵抗が少し大きくなるので、調整して欲しいです。」

と、水面に顔を向けて呼吸をしたときの吸い心地について
調整のリクエストをいただくことがあります。

ですが残念ながら、それは調整でなんとかすることはできません 
なぜなら、それは物理的に自然な現象だからです。

170421b1.jpg
ダイビング器材のオーバーホールhttp://www.i-buddy.net/ 
  
詳しくご説明しますね!

レギュレーターの基本構造はご存知でしょうか。
もし、イメージできなければ、こちらをご参照ください
→「レギュレーターは、こうやって空気が吸える」 

フェイスカバーを外すと、このようにダイアフラム(ゴムの膜)があります。

170421b2.jpg

このダイアフラムの下の空間は、空気で満たされています。

この中の空気をダイバーが吸うと、このようにダイアフラムが
内側に引き寄せられて、レバーを倒すことで
空気がセカンドステージのケース内に供給されます。

170421b3.jpg

「吸いやすい」と表現される感覚は、“吸ったときにいかに早く
口内に空気が到達するか“、”ぐっと吸わなくても軽い吸い口で空気が入ってくる“

では表題の、「上を向くと吸いづらい」というのは何故なのか?

水中で吐いた息は気泡となり、水面に向って上昇していきますよね。
みなさまご存知の通り、空気は上に上がろうとする性質を持っています。

レギュレーターのセカンドステージケース内の空気も同様です。

正面を向いているときは、ケース内の空気は
ケース上部方向に力が働きますが

170421b5.jpg

上を見上げると、このようにダイアフラムの方向に空気の力が働きます。

170421b4.jpg

呼吸をするときは、ケース内の空気を吸ってダイアフラムを
引き寄せなければならないんでしたよね 

では、正面を向いた状態と、上を向いた状態で吸うのは
どちらがらくに吸えるでしょうか??

そ、なんですよ
正面や通常ダイバーがとる姿勢(少し下向き加減)で呼吸する方が
らくだといえますね!
 
170421b6.jpg
 
上を見上げると、ダイアフラムを引き寄せるのと反対方向に
空気の力がかかっており、通常よりも呼気を要する為
「上(水面)を向くと吸いづらい」というのは、理論上
このような理由からなります。
 
微々たる差で、えっ?そうかな??と思われるかもしれませんが
繊細な方はその微々たる差を感じ取られているのだと思います。

ダイアフラムの中心が鉄のプレートでできている機種は
その重みで下がる為、上を向いても吸いやすいといえます。
ですが逆に下を向いたときは、吸い上げることになる為
吸いにくくなるともいえますね。

今回何をお伝えしたかったのかというと
「それは故障や不具合ではないですよ。安心して使ってくださいね
ということです

こんな風に、器材を使っていて気になることがありましたら
何でもお答え(お応え)しますので、気軽にご相談くださいね!
ストレスフリーで潜りましょう
 
ダイビング器材のオーバーホールhttp://www.i-buddy.net/ 


       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net
 




コストパフォーマンスの高いフィンはコレ☆今期も数量限定イエローが登場!

フィンの購入を検討されているダイバーのみなさまに 
幅広いスキルレベル・年齢層の方にお勧めできるフィンのご案内です 
  
 
AVANTI EXCEL イエロー
 
マレス AVANTI EXCEL (アヴァンティ エクセル)
¥10,000-(税込¥10,800-)     
      
日本国内でアイバディのみ取扱いのイエロー(国内正規品)を
今期も 数量限定で販売いたします
 
お得情報は http://www.i-buddy.net/campaign.html 
 
海で同じフィンの人と出会うことはかなり希少。
鮮やかなイエローカラーが海辺でも水中でも目立つこと間違いなし 
   
このフィンの一番の特徴は
”O.P.B.SYSTEM(オプティマイズド・ピボッティング・ブレード・システム)”

一般的なフィンでは、ダイバーの進行方向に対して180°後方ではなく、広範囲に
蹴った力が分散されてしまいがちで、あまり効率的ではありません。

それに対して、このシステムが採用されている本商品は
ブレード面が最適な角度に変化し、ダイバーの進行方向に対して180°後方へ
水を蹴りだすような構造
になっている為、無駄なくスムーズに推進力を生みだします。
  
O.P.B.SYSTEM
そして、特記すべきは重量の軽さ!! 
片足約500g、両足で1kg程しかありません。
重量制限の厳しくなった飛行機でリゾートに行く場合にも、心強いアイテム  

以前は個人的にプラフィンは頼りないイメージがあり使っていなかった
当店インストラクターたちも愛用しています 

AVANTI EXCEL yellow
 
お得情報は http://www.i-buddy.net/campaign.html 
  
この夏是非、南の島で映える鮮やかなフィンで
軽やかに海をenjoyしてください  
    
       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net
 




ダイビング器材は、本当に一生モノなの?

「ダイビング器材は、一生モノですよね?」
と聞かれることがあります。 
 
私自身、約20年前に初めて勤務したダイビングショップで
“ダイビング器材は一生モノである“と教わり、
販売する際にお客様にそうお伝えしていました。

ですが、本当にそうでしょうか?

lgf01a201401151300b 
お得情報は http://www.i-buddy.net/campaign.html 

器材のオーバーホール・修理の専門店で約10年間、
数多くの器材を診てきていまは、他のスポーツ用品や家電等と同じように
寿命に限りあるモノである、とお伝えするようになりました。

確かに、オーバーホールすればコンディションを維持していけるし
部品が壊れれば部品交換をし、修理することができます。

内部パーツのOリングやシート類など、流通しているOEM部品で
在るものを用いてできる限りのところまで修理することは可能ですが

レギュレーターのケースやパージカバー、その機種特有の形状や構造に
纏わる部品の製造が終了すれば、その段階でもう修理することができません 

生地モノであるBCDは、ピンホール程度の損傷であれば修理できますが
使用頻度を重ね、また保管状態の良し悪しも関係してきますが

経年劣化によって生地落ち(剥離)をした場合
縫製をほついて生地を差し替える大掛かりな修理になり

新品のBCをつくるよりも作業手間がかかり費用がかかる為
買い替えすることが一般的です。
  
そういう意味では、ダイビング器材は一生モノであるとはいえないでしょう。 
lgf01a201401151300.jpg
お得情報は http://www.i-buddy.net/campaign.html 

では、できる限り長くマイギアを使用していくには、どうすればいいでしょう?
 
正しい使用方法で器材を使うこと。

定期的なオーバーホールをすること。

これから器材を購入されるという場合は、スタート段階で
(購入する際に)耐久性に優れるモデルを選ぶこと。
 
また、修理しやすいモデルであればなおよしです。 

そこで今日ご紹介したいのは、BCD「Maresハイブリッドピュア」
 
ハーネス・フロート・ウエイトポケットに3分割できるのが最大の特長。

従来の一般的なBCDの大半は、生地やバックル、一箇所悪くなり
修理できなければ使用不可で廃棄となりますが

こちらのBCは傷んだ部位のみを部品交換すればOK
と、非常に合理的なつくりをしており、ロングライフで使えます 
 
詳しくはこちらをご覧ください  
http://www.i-buddy.net/campaign.html

カタログやweb上の情報では、当然のことながら利点のみが取り上げられており
性能・耐久性・維持費など、選択・判断をすることは容易ではないと思います。

lgf01a201401151300_20170317182250c28.jpg
お得情報は http://www.i-buddy.net/campaign.html 

個々に対応させていただく際、私たちは正直に事実をお伝えし
器材選びのお手伝いをさせていただいています

買い替えの場合は、今お使いの器材を下取り・購入金額に反映いたします 

また、オーバーホールの際に、器材を診て正しく使用できていない痕跡が
見受けられることがあり、その場合は安全快適に、またマイギアをできる限り
長く使っていけるコツをアドバイスさせていただいています。

一緒に、あなただけの特別な1台を選びましょう 
  
lgf01a201401151300_201703171824434da.jpg
お得情報は http://www.i-buddy.net/campaign.html 

器材のことは何でも、エキスパートである私たちにご相談ください 
  


       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net
 




進化してます☆2017年のダイビングスーツは・・・

MOBBY'Sのドライスーツを見た第一印象は・・・「洋服みたい!!」
  
おしゃれフード BEANIE(ビーニー) とコーディネートしてみました
いかがでしょうか? 
  
SHE'S CHEER DRY(シーズ チアー ドライ)
17022820.jpg
 
こちらのモデルはチアガールのハツラツとしたイメージのデザインなので
ビビッドなカラーを合わせのがいいですね 
 
背中に好きなアルファベット、または数字を2文字プリントできます。
ウエストの切り替えし位置を高くし、脚長効果を演出されています。
  
おススメポイントは
排気バルブをリスト位置へ変更(+¥0でできます)
 
17022821.jpg

肩より、手首に排気バルブがついている方が容易に操作できますよね
身体の可動域で近い方であることを考えると
緊急時にも、素早く確実に排気対応できるので、こっちの方が安心感がある。

BCを着脱するときに引っ掛からず、着脱しやすくなるのもいいですよね
  
とっても実用的 
ならどうして、今までのドライスーツは肩に排気バルブが配置されていたんだろう?
と、疑問に思いました。
シール性能が今ほど高くなかったからから、可能な位置のなかで
敢えてシールから遠いところに持ってきたのかな、とか...
  
いずれにしても、うれしい進化ですね 
 
あと目に付いたのは・・・
  
17022822.jpg

何回見ても、胸がとっても美しい思わず触ってしまいました 
MOBBY'Sのウェットスーツは身体のラインをキレイに魅せてくれますよね!
   
それから、こちらはSun Fanのウェットスーツ 
スーパーフレックス素材で、こんなに伸びます  
   
17022818.jpg
 
着脱がしやすく、動きやすさをコンセプトにつくられています 
内側は滑らかな肌触りですよ 

そして、World Diveより、今期注目モデルは
水中写真家 ”古見きゅう”さんの声とニーズが反映された
水中カメラマン専用のハイスペックなウェットスーツ「NO.9」 

17022826.jpg

何度も試着・改良をなされて、機能や素材を徹底追求されたそうです!

カメラを構える姿勢に近い自然な腕の形を立体裁断で再現されており
腕のストレスを軽減。
 
17022825.jpg    

ファスナー紐が撮影中に邪魔しないように、ネック前部のホルダーで固定。 
 
17022819.jpg

擦れやすい肘から手首まで、腕廻りに引き裂きに強く伸縮性に優れた
タフαジャージを採用。

17022823.jpg

膝周囲は、ストレッチ性と耐磨耗性に優れたドットテンシルで補強されています。

17022824.jpg

今期スーツを新調されるみなさま、それぞれのニーズに合ったものを
お選びいただけたらと思います
今日ご紹介したのはほんの一部にすぎません。お気軽にご相談くださいね
   
 

       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net
 




GULL☆2017年の注目商品

3月に入り、各社より新商品のデリバリーが始まりました  

GULLの注目商品は、やはりまずこちら

数量限定バラクーダ  
今期のNEWカラーはローズピンク
フィンの王様のバラクーダで、小さな子供が好みそうなかわいいピンク。
アンバランスさがかっこいい是非女性プロダイバーの方に履いて
颯爽とフィンワークをしていただきたいと思う1本です♪
 
17022801.jpg

それから 数量限定ミュー
塗装を施されており、メタリックに光り輝いてます  
 
17022802.jpg

長い目で見たら硬化が気になるところですが、フィンは買い替えるものですし
気に入ったら買いじゃないでしょうか。目立つこと間違いなし!

それからグローブもこのように、柄が主張されています。

17022804.jpg

今年のハワイアンテイストの流行が反映されているCocoloaシリーズ。
がらりと変わりましたね。幅広い年齢層に指示されるのではないでしょうか 
 
17022805.jpg

あと、目に付いたのは、軽量化が施された大容量のキャリーバッグ 
TREKKER CARRY BAG

17022803.jpg

ダイバーが世界を旅する際、もっとも気になるのが重量制限。
こちらは本体重量が4.9kgなのですが、全容量が112リットルと充実。 
下部に器材を入れて、上部に着替えを入れて
上部側がセパレートではずして持ち運べるので便利に使えそう 
 
お問合せ・ご注文、お待ちいたしております 

      
       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net