FC2ブログ

Entries

オーバーホールしたばかりなのに、ホースが破裂した!どうして?

これはオーバーホールの段階では使用限界(寿命)に達しておらず
納品後に間もなく限界がきて破裂
したというケースです。 
   
1701121a.jpg
破裂箇所や大きさは異なりますが、外層カバーが破れて内素材が飛び出します。

見た目には問題がないにも関わらず、エアーを通して
突発的に破裂しているのは、ウレタン製の高圧ホースです。 
  
ホースが傷んでいて間もなく破裂すると、点検でわからないの? 
残念ながらわかりません。 
なぜなら、ウレタンホースは傷みの兆候が外層に現れにくい素材だからです。
いつまで安全に使えるのか、点検では判断することができません。
 
ラバーホースは傷みの兆候が外層にでてくるケースが多いですが 
ウレタンホースは素材及び構造の違いより、兆候が現われず限界に達したら
金属のカシメ部よりぼそっとホースが抜け落ちるか、
今回の事例のように、内層が割れてパンという大きな音がして破裂

エアー漏れします。

どうすればトラブルを回避できるの?
ホースは消耗部品である為、定期的な交換を必要とします。
定期的に交換していれば、このようなトラブルに見舞われることは
まずありません。(製品不良及び使用方法の誤りを除いて)

いつ、ホース交換をすればいいの?
各メーカーによって推奨交換時期が若干異なりますが、当店では統一して
「日本スクーバ協会」の規準を推奨させていただいています。 

器材を購入してから、もしくは前回のホース交換から、
「最長でも5年」経過したら新品のホースに交換しましょう!

車の車検のように法律で決まっている規準がない為、
年数を経たときに交換するか否かは、ご自身の判断・責任の領域になります。

当店の方で、ホース交換をご提案するときは
◎点検時に、エアー漏れや金属のカシメ部破損など視認できる兆候がある場合
(状態連絡と御見積りをご連絡の上、OKをいただいたら交換します)
◎「今回、ホース交換してください」と依頼をいただいたとき

それ以外は、ホースは基本、再利用させていただいています。
 
みんなちゃんとホース交換をしてる? 
定期的に交換をされておられる方もいらっしゃれば
交換しなかった場合に起きうるトラブルや危険性をご説明をさせていただいても
ご自身の判断で5年以上使われている方もおられます。

その理由の一つとしては、ホース代が安価ではないことが
起因しているようです。 

種類によりますが1本¥6,000~¥10,000なので
すべて交換するとなると(4本交換した場合)
平均定価は¥28,000程になります。
オーバーホール代+¥28,000か、、、できれば出費を抑えたいな
⇒「現状漏れていなければ、今回はそのままで」

使用頻度、使用環境、保管状態、ホース本来の品質の差によって
各々寿命には個体差がありますが、安全の上で
最長でも5年を目安に交換していただきたいと考えています。

年に2回ほど、ホース交換キャンペーンをしておりますので、
先送りしてしまっておられる場合は、是非そのような機会をご利用ください! 
(次回は10月を予定しています。)

器材を整えて、安全に潜りましょう






ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net






 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ibuddynew

Author:ibuddynew
ダイビング器材・オーバーホール専門店より、様々な情報発信をいたします☆

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる