Entries

今年のソーラーDCの新色は?!~DIVE BIZ SHOW2018東京レポート~NO.2

前回に引き続き “DIVE BIZ SHOW2018”より、新商品レポートをします
 
ソーラー充電式ダイブコンピューター 
爆発的人気を博し、すっかり浸透した感がありますね。

何よりは電池交換の必要性が無いこと(いざ使おうと思ったときに
電池切れの心配をする必要がない、電池交換の手間・費用が不要)

加えて、ウォッチ感覚で旅行時はもちろん、デイリー使いもできる手軽さ
おしゃれな”外観”も人気を博した要因の一つかと思います。

さてそんな、ソーラー充電式ダイブコンピューター群より
今年はこんなNEWカラーが登場しています   
 
TUSA「DC Link Solar LINK」からは2色 
DC LINK Solar 2018NEWカラー

BKG(ブラックゴールド)
18020702a.jpg
ゴールドのリングがプロっぽい装いを感じさせます。 
 
AT(アクアターコイズ)
18020703.jpg
こちらは2018年の限定カラーになります。
光の加減で、現物はもう少し色味が濃いです。
が、私はターコイズというよりも、ソーダやチョコミントのような涼しげで
キュートな印象を受けました 
リングは、カタログには書いていないけど、対比するなら
シャンパンゴールドなんですって!かわいいね  
   
そしたらカルムの新色も気になる!ということで、早速AQUALUNGブースへ
18020704a.jpg

「Kalm」からは3種類 
18020705.jpg
CL/BL、WT/RED、WT/NV
 
ボタンのカラー展開をなされているため、全部で10種類のラインナップ。

個人的には、3種類ぐらいでいいのになと思ってしまいますが  
(販売店側の視点で見れば、在庫管理がたいへん
購入者側の視点で見れば、ありすぎると迷う)
実際どうなんでしょう、選ぶのワクワクするのかな 
 
また、通常のダイブコンピューターより、NEWモデルが出ます。
18020706.jpg
 「i100」

¥38,000(税別)という価格
素材(質感)は正直値段相応(おもちゃみたい)だと思いましたが
この商品の驚くべき点は、ナイトロックスモードが搭載されているということ
機能的には、コストパフォーマンスが高い商品であると思います。

4種のモード【エアー/ナイトロックス/ゲージ/フリーダイブ】
ユーザーバッテリー交換可
警告音に加え、LED警告ライト機能も搭載
別売USBケーブルを使用すれば、PCへのログ取り込みが可

液晶画面が大きく、ワンボタンのみのシンプル操作なので
主にシニアダイバーの方によいのではないでしょうか。

あと現行モデルの「i300」.カタログ外情報として
18020707.jpg
シリアルまで進むと、データーをリセットできるそうです。
お店のレンタルとして使えますよね 

ライセンスを取ったら、まず最初にコンピューターを持って欲しい 
もし経済的に買えないという場合は、レンタルでもコンピューターを使って
潜って欲しいなという想いがあります。 
(私がダイビングを始めたときは学生でマスクしか買えなかったし
レンタル以前にまだダイブコンピューター自体が普及していませんでした)
レンタルDCを用意されているお店が増えるといいな、と思います。 

次回は最新のダイビングスーツをご紹介します 
 
Written by Tamami Takao.


 
新商品、先行予約割引価格にて受付中!!更に特典付き 
詳しくはお問い合わせくださいE-Mail: info@i-buddy.net
 


ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net





スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ibuddynew

Author:ibuddynew
ダイビング器材・オーバーホール専門店より、様々な情報発信をいたします☆

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる