Entries

レギュレーターの部品が緩んでしまう!?該当機種は要チェック!

img3plus.jpg
   
AQUALUNG「ACD機能付レギュレーター」のユーザー様に向けて 
日本アクアラングより周知通達がありました
製造元であるアクアラングフランスに、お客様から以下のような現象が起きたと
連絡が寄せられたとのこと。
 
※リコールではありません。
※当店でオーバーホールした器材は該当しません。
 規定トルクを遵守して、正確な作業をおこなっている為
 安心してそのままご使用ください!

【対象機種と条件】
①以下のいずれかの機種で、オーバーホール時に規定の締め付けトルクで
シャトルバルブが取り付けされていない場合


コア (ヨークタイプ全モデル)
レジェンドACD搭載モデルのみ)
タイタンLX ACD (ヨークタイプ全モデル)

※②2016年7月1日~2017年7月7日迄に、日本アクアラングから出荷された
コア、レジェンド全種類の中で、シリアル番号がH043301番以前の製品
(それに以降に出荷されたものは、日本国内でトルク検査済みの為、対象外)

⇒※2017.9.25更新 対象が2015年2月~2017年7月8日までに出荷
されたものに広げられました。 
詳細はこちら↓該当ユーザー様はご確認ください。 
http://www.aqualung.com/jp/images/uploads/acd_notice201709.pdf.pdf
 
【報告されている現象】
img2.jpg

①の部品(シャトルバルブ)が、決められた力(規定トルク)で
締め付けされていない場合、緩んでしまい
③(ヨークリテナー)から離れてしまう
可能性があります。
  
どのようなタイミングで起こり得るか?
レギュレーターをタンクから外す際に、パージボタンで圧を逃がさず
レギュレーター内に圧が残ったまま力ずくで外した場合


完全に部品が離れてしまわなくても
シャトルバルブが緩み過ぎてしまった場合は
タンクからのエアーの流れを妨げてしまう可能性があり危険
です。

17.07.20訂正・追記いたします。当店の見解としましては
 
圧がかかったヨークスクリューを廻しただけで①に緩みが生じることは
可能性としては考え難い
です(因果関係がない為)。
  
レギュレーターに圧がかかっている状態で、1stステージのボディを左右に
動かした場合に、緩みが生じる
ことがあります。

詳しくはこちらのページをご覧ください。 

【目視による確認方法】
img1.jpg
図A:正常な状態
図B:緩んでおり、隙間が見えている状態(赤印部分/Oリングが露出)
  
【隙間があった場合の対応】
処置が必要です。以下のいずれかの方法をとってください。
 
①購入したお店に持ち込みをして処置してもらう

②メーカーに直送して処置してもらう
(佐川急便、着払いにて)

【送り先】
〒243-0033 神奈川県厚木市温水2229番4
日本アクアラング(株)ACD点検係 
TEL 046-247-3222

③当店で過去にオーバーホールさせていただいたものは
 規定トルクを遵守して、正確な作業をおこなっている為
 安心してそのままご使用ください
 またオーバーホール時期がきましたら、器材をお預けくださいね 

 他店でオーバーホールをされたレギュレーターにつきましては
 オーバーホール対応にて処置させていただきます 

オーバーホールは信頼のおけるお店に
安全な器材を使って、安全なダイビングを


       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net
 




スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ibuddynew

Author:ibuddynew
ダイビング器材・オーバーホール専門店より、様々な情報発信をいたします☆

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる