Entries

私たちも知らなかった!取説には載っていない取扱方法の1つをご紹介☆

GWも終わり、すっかりあたたかくなりましたね
海に行かれたダイバーさまは、楽しめましたでしょうか

今日は、取扱説明書に書かれていない(情報が出ていない)
器材の取扱い方法をひとつご紹介します

先日、新品のBCDを購入してくださったダイバーさまが
海に出られる準備をされているなか、

BCの腰ベルトがとまらない!!
表記サイズのとおりに注文したのに長さが足りてないよ
と焦った様子でご連絡くださいました。

すぐに同商品を店頭でも計ってみましたところ...ほんまや
カタログ表記の長さよりも短いえーっ!!
と、スタッフたちとポケット内側のマジックテープをはずしたり、
試行錯誤しましたが解決に至らず、メーカーの方に電話することに。
えっ、こんなところに!? この発想はないよね...の発見でした
  
取扱説明書に書かれていない
”AQUALUNGアクシオム”の腰ベルト調整の方法 

ベルトのDリングが樹脂のベルトホールよりも大きく
一見はずせないように見えるのですが、ここからはずせます。
(かなり狭いので少し手間がかかりますが)
 
アクシオム 腰ベルト調整手順1

アクシオム 腰ベルト調整手順2

アクシオム 腰ベルト調整手順3
生地がよらないようにできるだけまっすぐに
(しわができると通りません)

アクシオム 腰ベルト調整手順4

アクシオム 腰ベルト調整手順5
完成
これでDリングに干渉されず、端まで伸ばしてベルトを使うことができます。

お客様に画像メールを見ていただいきながら、電話口で一緒にはずして
いただいたのですが、まさかこんなところを通すなんて...と
私たちも今回のお問合せをいただき、勉強になりました。

なにわともあれ、無事にご旅行の準備ができてよかったです
これまで、ベルトもう少し長かったらいいのに、と思っておられた方は
是非、調整してみてくださいね  

このように器材のご購入後も、いついかなるときも
しっかりとアフターフォローさせていただきますお待ちしています   

ダイビング器材の販売・オーバーホールhttp://www.i-buddy.net/ 

 
       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net
 




スポンサーサイト