Entries

一度は経験されたことがあるのでは?〇〇を見ていて呼吸が苦しくなる原因とは?

「水中で上を向くと、やや呼吸しにくいように感じます。」
「上を向いたときに呼吸抵抗が少し大きくなるので、調整して欲しいです。」

と、水面に顔を向けて呼吸をしたときの吸い心地について
調整のリクエストをいただくことがあります。

ですが残念ながら、それは調整でなんとかすることはできません 
なぜなら、それは物理的に自然な現象だからです。

170421b1.jpg
ダイビング器材のオーバーホールhttp://www.i-buddy.net/ 
  
詳しくご説明しますね!

レギュレーターの基本構造はご存知でしょうか。
もし、イメージできなければ、こちらをご参照ください
→「レギュレーターは、こうやって空気が吸える」 

フェイスカバーを外すと、このようにダイアフラム(ゴムの膜)があります。

170421b2.jpg

このダイアフラムの下の空間は、空気で満たされています。

この中の空気をダイバーが吸うと、このようにダイアフラムが
内側に引き寄せられて、レバーを倒すことで
空気がセカンドステージのケース内に供給されます。

170421b3.jpg

「吸いやすい」と表現される感覚は、“吸ったときにいかに早く
口内に空気が到達するか“、”ぐっと吸わなくても軽い吸い口で空気が入ってくる“

では表題の、「上を向くと吸いづらい」というのは何故なのか?

水中で吐いた息は気泡となり、水面に向って上昇していきますよね。
みなさまご存知の通り、空気は上に上がろうとする性質を持っています。

レギュレーターのセカンドステージケース内の空気も同様です。

正面を向いているときは、ケース内の空気は
ケース上部方向に力が働きますが

170421b5.jpg

上を見上げると、このようにダイアフラムの方向に空気の力が働きます。

170421b4.jpg

呼吸をするときは、ケース内の空気を吸ってダイアフラムを
引き寄せなければならないんでしたよね 

では、正面を向いた状態と、上を向いた状態で吸うのは
どちらがらくに吸えるでしょうか??

そ、なんですよ
正面や通常ダイバーがとる姿勢(少し下向き加減)で呼吸する方が
らくだといえますね!
 
170421b6.jpg
 
上を見上げると、ダイアフラムを引き寄せるのと反対方向に
空気の力がかかっており、通常よりも呼気を要する為
「上(水面)を向くと吸いづらい」というのは、理論上
このような理由からなります。
 
微々たる差で、えっ?そうかな??と思われるかもしれませんが
繊細な方はその微々たる差を感じ取られているのだと思います。

ダイアフラムの中心が鉄のプレートでできている機種は
その重みで下がる為、上を向いても吸いやすいといえます。
ですが逆に下を向いたときは、吸い上げることになる為
吸いにくくなるともいえますね。

今回何をお伝えしたかったのかというと
「それは故障や不具合ではないですよ。安心して使ってくださいね
ということです

こんな風に、器材を使っていて気になることがありましたら
何でもお答え(お応え)しますので、気軽にご相談くださいね!
ストレスフリーで潜りましょう
 
ダイビング器材のオーバーホールhttp://www.i-buddy.net/ 


       
  
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート
i buddy アイバディ

http://www.i-buddy.net
 




スポンサーサイト