Entries

高圧ホースが突然破裂!どうしてこんなことが起きるの?

寒い毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。元気に海に潜られていらっしゃいますか本年もどうぞよろしくお願いいたします 2017年ブログ第一弾は、ホースについてのお話です。  ダイビング器材のホースはレギュレーター・オクトパス・インフレーター・ドライホース用の低圧(Low Pressure) ホース とゲージ用の高圧(High Pressure) ホース がありますが    素材は一般に大きく分けて2種類ラバー(ゴム) と ウレタン(樹脂) で...

気付かない割れ!トラブルを未然に防ごう☆

こちらB.C.Dのバックル。 よく見てみると、横筋がいっているのがわかりますか? 横から見るとよくわかるのですが、割れが生じています  タンクの負荷がかかる部分なので、このまま使用していて水中で突如割れが生じると危ないですね   樹脂部品である為、いつかは経年劣化で割れますが年式が新しいものが割れるのは、取扱いに原因が考えられます。  ・タンクが倒れて激突した・セッティングした器材が将棋倒しになり当たりどこ...

マイギアが壊れる瞬間の、危険なトラブルを回避するには?

使用前点検で、BCDにエアーを入れて膨らませて確認していますか? 吸気ボタンを少し押す程度で、インフレーターの動作確認に留めている方が多いようですが、いかがでしょうか?年数を経たBCDは、樹脂パーツの油分が抜けて加水分解が起きる、つまり劣化して割れが生じることがあります。それがいつ起きるか、視認や触診では判断することができません。既に損傷している場合、点検段階で気が付けることもありますが細部である為に、...

あなたのドライスーツは大丈夫?!

ドライスーツへの移行シーズンがやってきましたね! さぁ!週末ドライースーツ持って海へ行くぞと保管していたスーツを出してみたら首も手首もシール部分が溶けて癒着し、ぐちゃぐちゃ修理に出さないと使えない。出発に間に合わないなんてことになると、ショックですね。 これは長期間使用しておらず、経年劣化が原因。癒着していたシールをカット↓修理に出せば通常で2週間程度(メーカーにもよりますが)シーズンインのこの時期...

B.C.Dにエアーを入れてもしぼんでしまうΣ(゚Д`;) ~点検のススメ~

B.C.Dに空気を入れてもしぼんでしまう。どこからかエアー漏れしているみたい・・・そんな気付きがあったときは、早めに点検に出してくださいね!インフレーターから、排気バルブから、本体生地から、原因は様々ですが今日はBCジャケットの生地からのエアー漏れについてお話します   点検・水槽テストをしてびっくり することが。こんな風だったり... 激しく漏れていることも。 [高画質で再生]BCジャケットエアー漏れ[広告] VPS ”...